プロフィール

kyoikukarate

Author:kyoikukarate
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
練習場所及び日時
清洲道場
日時:(水,土)7:00~9:00
場所:愛知県清須市清洲2537 アルコ清洲1Fサブホール

滋賀道場
日時:(木)7:00~9:00
場所:滋賀県犬上郡甲良町大字在士625 甲良西小学校体育館

見学大歓迎
連絡先:Eメールアドレス kyouikukarate@gmail.com
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人どりミット打法の型

二人どりミット打法の型をyoutubeにupしました。


撮影 2013年7月3日 富田北地域センターにて
演武者 田中健策師範

二人どりミット打法とは、本来両手にミットを持った二人に前後を挟まれて、そのミットを素早く打つ練習のために作られた型です。
今では、蹴りや付きを素早く打つ練習に最適なため、ミットなしで、子どもたちの練習に取り入れられています。
前後に敵がいる型なので、振り返りを素早くやるのが大切です。たとえば一番の最後の前蹴りをする部分は、振り返る前から体重移動をするのが、振り返った瞬間に蹴るコツです。
古流の型では、突ききること、蹴ったら足を後ろに引くことが重んじられますが、この型では突いた手は引き、蹴った足は前に下ろします。古流型では強い武道の体を作ること、呼吸を練ることを主眼に置き、それをより実践的なこういう型に応用しましょう。
ジャブやフックなど、本来空手にはなかった動きも取り入れられていますが、腰への引き手や、蹴った足はちゃんと引いてから下ろすことなど、空手の基本をおろそかにしないようにしましょう。
裏手刀は、相手の目線を切って驚かす技です。大振りではなく鋭く、が基本です。
五番の回転技は、あまり実践的ではありませんが、体を鍛えるために練習しましょう。強く蹴っても体の軸がぶれない体幹を作れます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
行事予定
7月の予定
7月3日(日)
滋賀教室創立記念演武会
甲良西小学校体育館
10:00~12:00
7月17日(日)
直伝指導
アルコ清洲1Fサブホール
10:00~12:00

8月の予定
8月21日(日)
直伝指導
アルコ清洲1Fサブホール
10:00~12:00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。