プロフィール

kyoikukarate

Author:kyoikukarate
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
練習場所及び日時
清洲道場
日時:(水,土)7:00~9:00
場所:愛知県清須市清洲2537 アルコ清洲1Fサブホール

滋賀道場
日時:(木)7:00~9:00
場所:滋賀県犬上郡甲良町大字在士625 甲良西小学校体育館

見学大歓迎
連絡先:Eメールアドレス kyouikukarate@gmail.com
カテゴリ

拳腿の法をアップしました。

拳腿の法の動画をアップしました。

撮影 2013年10月23日 アルコ清洲にて
演武者 田中健策師範

「拳腿の法」は、基本的な突き蹴りから、多彩で高度な複合技までを、鍛えられるように近代に作られた型です。
00:33までの「序」、00:55までの「破」、そして「急」の三つの部分に分けられ、少しずつ加速していき、最後にはノンストップの回転技で終わります。

「序」は、一つ一つの技を区切り、蹴り足を強く引いて一本足で立つときや、前屈立ちで正拳突きを出すときに、立ち方の基本や引き手の基本が出来ていること、そして強い体幹が出来ていることを見せて下さい。飛び違えてからの立て拳突きは、顔の横から出します。前蹴りフェイントの回し蹴りの後は、右足を引きながら、逆突きを出しています。振り返るときに、肘に拳を添えることを忘れないように、飛び足刀は、高く飛ぶと同時に柔らかい着地を心がけましょう。
「破」から、少しずつ加速していきます。最初の前蹴り横足刀では、前蹴りを蹴った後、一本足で立って、少し溜めを作ってから蹴ります。前蹴り後ろ足刀は前蹴りを蹴った直後に後ろ足刀を出しましょう。蹴った後、飛び下がったときは(00:43)右手刀は甲を上にして耳の横、左手刀は平を上にして右の腰に少し下向きに構えます。振り返りざまに裏拳を放った後、手を開くのは、相手の顔を抱えることを意味しています。足の裏で煽った後、振り返りざまの天井蹴りを放つ所では、無駄なステップを踏まないように。煽った足は、前に置きながら振り返り、助走なしですぐさま跳び蹴りをします。着地後の二条の構えは、肩の前に手刀を構えます。その後の裏手刀二発は、攻撃していない方の手がちゃんと中断を守っていることを意識して下さい。裏拳のときはもう片方の手を手刀で肘に添え、相手の顔の前に手を広げて相手を制止します。動画では分かりにくいですが、引き手は腰まで引かず、鳩尾を守っています。
急は息も付かせぬ連続回転技です。バランスを崩さないように。回転方向を素早く変えるためには、勢いを殺す技術が必要です。蹴った足を強く引くことがコツです。途中二回ある、上段の構えは左拳を挙げて脇が開く分、右拳を差し込んで、守って下さい。足刀後ろ回し三連発(みずぐるま)は、最後の後ろ回しだけ蹴り足を後ろまで引くフルターン。追い突きの後は交差立ちで腰を切り、手刀を差し込んでいます。相手の突きを裁きながら、肘を下から攻撃しています。その後の足払いは、差し込んだ手刀を回して相手の腕を巻き込みながら、相手を掴んで、バランスを崩した相手に逆突き。とどめのえび蹴りという流れ。えび蹴りは、できる限り軸足の近くに手をつくのがコツです。最後の手刀受けは、ゆっくりと余韻を残して、呼吸が乱れていないことを、見せて下さい。

これが完璧に打てるようになっていれば、黒帯の実力を持っていると言われる型です。しっかり練習して、柔らかい関節と強い体幹を鍛えましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
行事予定
7月の予定
7月3日(日)
滋賀教室創立記念演武会
甲良西小学校体育館
10:00~12:00
7月17日(日)
直伝指導
アルコ清洲1Fサブホール
10:00~12:00

8月の予定
8月21日(日)
直伝指導
アルコ清洲1Fサブホール
10:00~12:00